pagetop

愛知県常滑市、半田市の電装品開発・製造【日幸ライト工業株式会社】

業務案内

日幸ライト工業株式会社の日々の業務のご紹介

合職の業務

製造工場を直接部門、そこを支える部署を間接部門と呼んでいます。
間接部門の役割は、それぞれの専門性を活かして、各工場が最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートする事です。
品質に係る業務を中心に行なう「品質保証部」
受注から納品までをトータル管理する「業務部」
会社の健全な経営をサポートする「総務部」から構成されています。
間接部門で働く総合職スタッフより、業務の紹介を致します。

員による仕事紹介

品質保証部
係長 立山

品質全体に係る部署として、会社全体の品質風土の醸成を行い、より高いレベルでお客様の要望に応えていきます。
世界基準の品質を維持する為には、組織力と技術力の向上が不可欠です。
品質に係る会議や新製品立ち上げの際には、顕在化していない問題にいち早く着目し、様々な分析を行い、結果に基づいた品質改善を行なっています。
私たちはソフトとハードによって構築された各工程と、自社で生産した製品について品質管理と保証体制を確立しております。

総務部
主任 牧村

ITを有効活用し、生産性向上とコスト削減に貢献しています。
社内の限られたリソースで、効率良く業務ができる様ユーザビリティを高めることを心がけています。
そのために日進月歩であるIT技術を学び、情報を集めることも大切です。
今後はより複雑化するIT分野でセキュリティー対策を強化すると共に、生産現場の要望にも耳を傾け、よりよい仕組み作りに取り組んでいきます。

業務部
係長 青木

私たちは受注から納品までの管理をはじめ、製造に必要な部材調達や生産指示などを行なっています。
お客様との打合せや営業活動、アクシデントにも対応できるよう、製品の在庫調整管理も大切な仕事です。
前例に頼るのではなく、そこから学び新たな仕組み作りに挑戦していくことが大切だと考えています。
納入率を高レベルで維持することや売上げ拡大、新規顧客開拓にもチャレンジすることで売上げ拡大を図ると共に、事業ポートフォリオの見直しによるリスク対策を行なっていきたいと考えています。